チーム

Amina Sugimoto, DrPH

代表取締役 CEO

東京大学修士号、London School of Hygiene & Tropical Medicine (英) 公衆衛生博士号取得。

東京電力福島原子力発電所事故調の委員として活動後、日本医療政策機構にて、世界認知症審議会 の日本誘致を担当。

厚生労働省のヤングプロフェショナルメンバーにも選ばれ、「グローバル・ヘルスの体制強化:G7伊勢志摩サミット・神戸保健大臣会合への提言書」の執筆に関わる。Mistletoe㈱への参画を経て、2019年に当社を創業。

Kana Kondo

取締役 COO

神戸大学卒。ピクシブ㈱で新規事業開発、セールス、サービスディレクションを担当後、2015年から㈱ディー・エヌ・エーへ。

動画配信サービス「SHOWROOM」チームで、マネージャーとしてセールスおよびプロダクト開発を担当し、サービス黎明期のグロースを支えた。

2019年10月、創業直後の当社に参画。インド・バンガロールからの勤務を経て、帰国後COOに就任し現在に至る。

Mari Murakami

取締役 Business Development Division Director

Dublin City University 卒業後に東京大学大学院で国際公共政策学を専攻。

現EYストラテジー・アンド・コンサルティング㈱、イグニション・ポイント㈱で戦略コンサルタントとして勤務し、新規事業の企画・立案/立ち上げ支援やマーケティング戦略の立案支援などを実施。

2021年9月より当社に参画、2023年から現職。国内外のフェムテック市場参入を希望するパートナー企業の事業開発支援を行う「Business Development」部門を統括する。

Mizuki Aoyama

取締役 Culture Division Director

早稲田大学卒業後、現㈱リクルートの人材ビジネス部門においてセールスや営業企画を経験したのち、人事担当に。

新卒採用、中途採用、人材育成、組織開発を担当し、マネージャーを務める。その後VCや㈱カオナビでの人事職を経て2021年より当社に採用担当として業務委託で参画。2023年から現職。人材採用をはじめ、社内外への文化浸透・啓蒙を担う「Culture」部門を統括する。

Lia Camargo

Business Development Division Associate Director

米国マサチューセッツ州ウェルズリー大学でジェンダー学を専攻。その後ケンブリッジ・イノベーションセンター(CIC)本社で日本企業の海外進出サポート事業立ち上げを手がけた。帰国後、日英翻訳・通訳を行い、fermataには2019年に開催された第1回Femtech Fes!から関わっている。スタートアップの海外進出支援や国内外企業の事業提携支援の経験を生かし、国境を越えたビジネスマッチングの促進を支援してきた。グローバルで活躍する企業のコミュニケーションサポートに強みを持つ。

Keisuke Obunaga

Business Development Division Associate Director

国内大手通信会社に入社し、toC向け営業と代理店マネジメントを経験。その後、部署異動を経て事業企画として、事業部の事業戦略の策定から事業戦略に紐づく収支計画の策定、マーケティング戦略の立案・実行を務める。事業の成長を通して関係省庁との交渉や外部企業との提携もリード。
事業企画の経験を活かし自社内の新規サービスの開発および新規事業立ち上げにも携わり0から作り上げた。
市場調査や外部環境の分析などの上流の工程からマーケティング戦略企画や店舗運営方針やコールセンターなどのオペレーション設計などの下流の工程まで経験をしている。fermataでは主に企業向けコンサルティング案件を担当。

Sae Ota

Business Development Division Manager

早稲田大学法学部卒業後、金融機関にて営業支援や海外子会社の経営管理業務に従事。8年間の勤務の後退職し、早稲田大学大学院社会科学研究科修士課程に進学。フリーランスのライターとして活動しながら、日本企業で働く女性管理職を取り巻くダイバーシティマネジメントに関して研究。2022年3月修士号取得。2022年4月よりfermataに参画。

SNS:@sae8320

Masaya Morimoto

Business Development Division Manager

三重県出身。美容師としてキャリアをスタートした後、大手IT、化粧品メーカーで「外見の美だけではなく、人が内側から輝ける世の中を作りたい」というビジョンを掲げて営業として経験を積む。技術だけでなくコミュケーション能力も併せ持つ美容師のセカンドキャリアの選択肢を広げたいという夢も持っている。2022年 fermataと出会い、初の男性社員として内定を承諾し、入社。自分と関わる人を直接的・間接的問わず幸せにしたいと願うハッピー人間。

Kotone Nakamatsu

Business Development Division Manager

マレーシア生まれ、マレーシア育ちの日本人。イギリスのNewcastle大学で政治経済を専攻。これまでプロフェッショナル・サービス業界で、海外企業の日本へのマーケット参入や、グローバルモビリティーコンサルティングなどを経験。2023年4月よりfermataに参画。企業向けのコンサルティングを通し、関連する問題に取り組み、解決策を見つけ、新しいアイデアを導入し、少しずつ変化を起こしていきたいと考えています。

Minami Motoyama

Business Development Division Manager

大学卒業後、日本最大級のナレッジプラットフォームを運営する企業にて勤務。グローバル事業開発部の立ち上げ当初より参画し、顧客対応やリサーチ業務だけでなく、業務の体系化や新人育成、海外支社との連携にも従事。その業務の中でフェムテック業界の存在を知り、自分自身が当事者である市場の創出に関わりたいと思い、2023年7月よりfermataに参画。

Rina Nakagawa

Business Development Division Manager

女性労働史の研究をきっかけに、日本のジェンダーギャップ指数が世界的に低いことを知る。その後、femtechに興味を持ち、ジェンダーギャップを改善する可能性を秘めていると強く感じ、2020年10月からfermataに参画。 Marketing Coordinatorとして主にC向け事業を担当。

Tatsuya Gyoda

Business Development Division Manager

専門商社での営業・事業企画を経て、外資系コンサルティングファームで事業再生(セルサイドM&A・バリューアップ)のPMO業務を実施。その後はベンチャー企業にて、CVC投資業務・新規事業立上を実施。財務モデルの策定からPL管理・営業・経営まで幅広く関与。
その後、成長市場であるフェムテック領域の中で、特に国内外の多くの企業と連携を強めているfermataに興味を抱き、事業に参画。主に企業向けコンサルティング案件に従事。

Honomi Akatsuka

Business Development Division Associate

大学在学中に社会学・人類学を専攻した経験と、所属していた学生団体Speak Up Sophiaでの活動から、女性が自分の身体や性についての知識を得る機会が少ないことを疑問に思い、femtechに興味を持つ。

大学在学中の2021年3月からfermataに参画しfermataが運営するフェムテック専門店のスタッフとして参画後、海外のフェムテック商品の輸入業務、電子機器・医療機器ローンチのコミュニケーション/申請サポートや翻訳業務等も経験。
2023年3月からはPRODUCTION Division AssociateとしてB向けの事業開発に関するコンサルティング支援を提供している。

フェムテック企業データベースの蓄積にも携わり、今まで蓄積してきたフェムテック商品・企業の知識を活かした支援を行う。

Yasuaki Sakina

Business Development Division

ソフトバンク、マイクロソフト、SAPジャパンなどで、自社向けに新規事業の戦略立案、マーケティング戦略立案・推進、アライアンス戦略立案・推進、システム開発PMを実施し、また、これらの経験を生かして、コンサル会社で各種コンサルティング統括を大手企業を中心に担当してきました。さらに、コンサル会社の副社長として、自社の営業、財務、人事、総務などの総責任者として事業立案・推進を担当したこともあります。現在は、これらの幅広い経験を生かして、スタートアップ7社の事業推進支援を事業計画立案・マーケティング戦略立案・アライアンス戦略立案/営業展開・製品開発PMを中心として展開しています。

Yuki Bikai

Business Development Division Assistant

神奈川県出身。動物看護士の資格を取得後、動物病院勤務を経て人材系企業にて内勤営業、営業アシスタント業務に従事。内勤リーダーとして新人教育や研修制度をマニュアル化。第一子出産のため退職後、出産後は人材派遣会社にて人事、営業サポートを担当。第二子出産のため退職。出産を機に自分のPMSの変化に悩んでいたこともあり、fermataに興味を持ち2022.11月より参画。

Yoshie Takao

Culture Division Associate Director

山口県出身。京都大学卒。外資系消費財メーカーにて、需要予測や新規事業立ち上げを経験。その後外資系シェアオフィスに転職し、コミュニティマネージャーとして拠点運営に携わり、第一子出産後、国内全拠点の顧客体験及びエンゲージメント向上の戦略立案を担う。2023年1月よりfermataに参画。娘の未来の選択肢を作る事業に携われることに、喜びを感じます。

Wakana Umetsu

Culture Division Associate Director

北海道出身。大学卒業後、化粧品メーカーで16年勤務。企画、研究開発、原料調達、製造、店舗運営、販売を一貫して行うブランドの立ち上げから、ものづくり及びブランディングの全てを経験。自身の健康課題を解決するフェムテックに興味を持ち、市場を切り拓くfermataに出会う。
特にブランドを育ててきた経験から、fermataではブランディングやコミュニティの育成に力を入れる。

Haruka Yamamoto

Culture Division Manager

愛知県出身、東京造形大学卒。大学ではメディアデザインについて学び、地域活性イベントの企画・運営などを行う。アルバイト先の飲食店ではメニューデザインなどに積極的に取り組む。友人がピルの研究をしていたことがきっかけでfemtechに興味を持つ。2020年5月からfermataに参画。主にMarketing Coordinatorを担当。

Miki Kurebayashi

Culture Division Logistics Manager

大学卒業後、約15年物流会社・商社等でロジスティクス業務に従事。一方で、セルフケアの重要性を感じたことからボティワークに興味を持ち学び続けている。現在はリラクゼーションサロンのセラピストとして活動しながら、2023年3月よりfermataに参画し、ロジスティクス業務を担当している。

Moe Okuno

Culture Division Manager

神奈川県出身。ビジネスを通じた社会課題の解決を目指し、新卒で衛生用品メーカーへ入社しMRとして勤務。その後自身が生理や妊孕性の問題に直面したことをきっかけに、女性のキャリアプラン形成の難しさや周囲にも女性特有の悩みを抱える人が多くいることを知り、2021年9月よりfermataへ参画。関西エリアの店舗運営と企画営業を担当。

Chihiro Kamiyama

Culture Division Associate Manager

千葉県出身、大学では経営学を専攻。在学中、若者コンサルのスタートアップでキャリアイベントの運営に携わる。生理、セクシャルウェルネス、メンタルヘルスなど、健康に関わる分野の開拓とD2Cに興味を持ち、2020年7月よりfermataに参画。 Marketing Coordinatorとして主にC向け事業を担当。

Momoka Ito

Culture Division Assistant

専門学校卒業。学生の頃から生理不順で、婦人科に通いながらも月経の来ない不安と同時に月経が来る度に「月経=めんどくさいもの」だと思っていた。フェルマータと出会い、働いていくうちにフェムテックアイテムの良さを知っていき、自分の月経とも向き合うようになり、他の人にもその良さを伝えたいと思うようになった。2022年3月より心斎橋Welpaの店頭スタッフとして勤務。

Akiko Iwasaki

Corporate Division Associate Director

東京都出身。大学卒業後、アパレル会社、人材紹介企業、IT関連企業で経理を中心に管理部門を広く担当。子供たちが楽しく過ごすことができる世の中にしたいと思い、fermataのビジョンに共感し、2023年5月より参画。

Akiko Kikuchihara

Corporate Division Manager

神奈川県出身。新卒で半導体商社へ入社。秘書、営業サポート、社内の仕組みづくりなどを経験。出産、子育てを経て、現Mistletoe Japan合同会社へジョイン。バックオフィス、コミュニティサポートに従事。人と人との関係性や、コミュニケーションの重要性に気づき道を見い出す。2018年独立。主にスタートアップなどへ様々な角度からサポートを行っている。2021年2月からfermataに参画。主にバックオフィス業務を担当。今後の事業拡大を見据えたお手伝いをさせていただければと思います。

Shu Tsumura

Corporate Division Manager

東京都出身。新卒で女性用のギフト雑貨店で副店長として勤めていたが、理系大学出身であることから医療機器企業の薬事担当として転職し、クラスⅢの機器の承認申請等を行いながら並行してヘルスケア・化粧品などの商品企画開発を経験。ヘルスケアについてサーベイする中でフェムテックという市場に出会い、国外での市場の広がりとその考え方に感銘を受け、2023年1月よりfermataに入社。国内でのフェムテック市場の中でも抜きに出た薬事体制を目指しています。

Mami Omotezako

Corporate Division Manager

学部・修士にて生物科学を専攻。メーカー企業にて研究開発職として女性特有の身体的な悩みに関する基礎調査や製品開発を行う。その中で女性が自分自身で対処できる方法が少ないことに改めて気づき選択肢を広げる必要性を強く感じる。またその裏には法律上の整備がなされていないことも知る。fermataのビジョンに共感し2022年5月より参画。

Naoko Murakami

Corporate Division Assistant

薬学部を卒業後、外資系製薬企業にて医療情報担当者(MR)として勤務。その後、調剤薬局で薬剤師として働くなか女性が自身の健康について知る機会が少ないことに気づく。自身が生理や妊孕性の問題に直面したこともありフェムテックに興味を持ち2022年2月よりfermataに参画。すべての人が生きやすい世界を目指して、その一助となる製品や情報をお届けできたらと思います。

Yuri Matsumoto

Corporate Division Manager

神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、新卒でエンターテイメント企業のマーケティング部に配属。マーケティングおよびPRの戦略立案から実行までを担う。「すべての人が生きやすい社会を」というfermataのビジョンに共感し、2021年7月よりfermata参画。

Francesca Geary

fermata Singapore Office Country Director

シンガポールで生まれ、世界各国で暮らしたのち、2015年にシンガポールに戻る。消費財(F&B、アルコール、スキンケア、電器など)からエンターテイメントサービスまで、幅広い分野で広報およびソーシャルメディアを担当する。

フェムテック業界は個人的にも大変興味があり、生理を中心に、身近な人々のWellbeing を高めるサポートをしてきた。2021年に、fermata に参加、フェムテック分野にスポットライトを当てる活動をしたいと考えている。コミュニティでは、フェムテックを通し、どんなライフステージにいる女性もエンパワーし、サポートしていきたい。

Zoé Neron-Bancel

fermata Singapore Office Operations Director

Amina Sugimoto, DrPH

代表取締役 CEO

東京大学修士号、London School of Hygiene & Tropical Medicine (英) 公衆衛生博士号取得。

東京電力福島原子力発電所事故調の委員として活動後、日本医療政策機構にて、世界認知症審議会 の日本誘致を担当。

厚生労働省のヤングプロフェショナルメンバーにも選ばれ、「グローバル・ヘルスの体制強化:G7伊勢志摩サミット・神戸保健大臣会合への提言書」の執筆に関わる。Mistletoe㈱への参画を経て、2019年に当社を創業。

Kana Kondo

取締役 COO

神戸大学卒。ピクシブ㈱で新規事業開発、セールス、サービスディレクションを担当後、2015年から㈱ディー・エヌ・エーへ。

動画配信サービス「SHOWROOM」チームで、マネージャーとしてセールスおよびプロダクト開発を担当し、サービス黎明期のグロースを支えた。

2019年10月、創業直後の当社に参画。インド・バンガロールからの勤務を経て、帰国後COOに就任し現在に至る。

Mari Murakami

取締役 Business Development Division Director

Dublin City University 卒業後に東京大学大学院で国際公共政策学を専攻。

現EYストラテジー・アンド・コンサルティング㈱、イグニション・ポイント㈱で戦略コンサルタントとして勤務し、新規事業の企画・立案/立ち上げ支援やマーケティング戦略の立案支援などを実施。

2021年9月より当社に参画、2023年から現職。国内外のフェムテック市場参入を希望するパートナー企業の事業開発支援を行う「Business Development」部門を統括する。

Mizuki Aoyama

取締役 Culture Division Director

早稲田大学卒業後、現㈱リクルートの人材ビジネス部門においてセールスや営業企画を経験したのち、人事担当に。

新卒採用、中途採用、人材育成、組織開発を担当し、マネージャーを務める。その後VCや㈱カオナビでの人事職を経て2021年より当社に採用担当として業務委託で参画。2023年から現職。人材採用をはじめ、社内外への文化浸透・啓蒙を担う「Culture」部門を統括する。

Lia Camargo

Business Development Division Associate Director

米国マサチューセッツ州ウェルズリー大学でジェンダー学を専攻。その後ケンブリッジ・イノベーションセンター(CIC)本社で日本企業の海外進出サポート事業立ち上げを手がけた。帰国後、日英翻訳・通訳を行い、fermataには2019年に開催された第1回Femtech Fes!から関わっている。スタートアップの海外進出支援や国内外企業の事業提携支援の経験を生かし、国境を越えたビジネスマッチングの促進を支援してきた。グローバルで活躍する企業のコミュニケーションサポートに強みを持つ。

Keisuke Obunaga

Business Development Division Associate Director

国内大手通信会社に入社し、toC向け営業と代理店マネジメントを経験。その後、部署異動を経て事業企画として、事業部の事業戦略の策定から事業戦略に紐づく収支計画の策定、マーケティング戦略の立案・実行を務める。事業の成長を通して関係省庁との交渉や外部企業との提携もリード。
事業企画の経験を活かし自社内の新規サービスの開発および新規事業立ち上げにも携わり0から作り上げた。
市場調査や外部環境の分析などの上流の工程からマーケティング戦略企画や店舗運営方針やコールセンターなどのオペレーション設計などの下流の工程まで経験をしている。fermataでは主に企業向けコンサルティング案件を担当。

Sae Ota

Business Development Division Manager

早稲田大学法学部卒業後、金融機関にて営業支援や海外子会社の経営管理業務に従事。8年間の勤務の後退職し、早稲田大学大学院社会科学研究科修士課程に進学。フリーランスのライターとして活動しながら、日本企業で働く女性管理職を取り巻くダイバーシティマネジメントに関して研究。2022年3月修士号取得。2022年4月よりfermataに参画。

SNS:@sae8320

Masaya Morimoto

Business Development Division Manager

三重県出身。美容師としてキャリアをスタートした後、大手IT、化粧品メーカーで「外見の美だけではなく、人が内側から輝ける世の中を作りたい」というビジョンを掲げて営業として経験を積む。技術だけでなくコミュケーション能力も併せ持つ美容師のセカンドキャリアの選択肢を広げたいという夢も持っている。2022年 fermataと出会い、初の男性社員として内定を承諾し、入社。自分と関わる人を直接的・間接的問わず幸せにしたいと願うハッピー人間。

Kotone Nakamatsu

Business Development Division Manager

マレーシア生まれ、マレーシア育ちの日本人。イギリスのNewcastle大学で政治経済を専攻。これまでプロフェッショナル・サービス業界で、海外企業の日本へのマーケット参入や、グローバルモビリティーコンサルティングなどを経験。2023年4月よりfermataに参画。企業向けのコンサルティングを通し、関連する問題に取り組み、解決策を見つけ、新しいアイデアを導入し、少しずつ変化を起こしていきたいと考えています。

Minami Motoyama

Business Development Division Manager

大学卒業後、日本最大級のナレッジプラットフォームを運営する企業にて勤務。グローバル事業開発部の立ち上げ当初より参画し、顧客対応やリサーチ業務だけでなく、業務の体系化や新人育成、海外支社との連携にも従事。その業務の中でフェムテック業界の存在を知り、自分自身が当事者である市場の創出に関わりたいと思い、2023年7月よりfermataに参画。

Rina Nakagawa

Business Development Division Manager

女性労働史の研究をきっかけに、日本のジェンダーギャップ指数が世界的に低いことを知る。その後、femtechに興味を持ち、ジェンダーギャップを改善する可能性を秘めていると強く感じ、2020年10月からfermataに参画。 Marketing Coordinatorとして主にC向け事業を担当。

Tatsuya Gyoda

Business Development Division Manager

専門商社での営業・事業企画を経て、外資系コンサルティングファームで事業再生(セルサイドM&A・バリューアップ)のPMO業務を実施。その後はベンチャー企業にて、CVC投資業務・新規事業立上を実施。財務モデルの策定からPL管理・営業・経営まで幅広く関与。
その後、成長市場であるフェムテック領域の中で、特に国内外の多くの企業と連携を強めているfermataに興味を抱き、事業に参画。主に企業向けコンサルティング案件に従事。

Honomi Akatsuka

Business Development Division Associate

大学在学中に社会学・人類学を専攻した経験と、所属していた学生団体Speak Up Sophiaでの活動から、女性が自分の身体や性についての知識を得る機会が少ないことを疑問に思い、femtechに興味を持つ。

大学在学中の2021年3月からfermataに参画しfermataが運営するフェムテック専門店のスタッフとして参画後、海外のフェムテック商品の輸入業務、電子機器・医療機器ローンチのコミュニケーション/申請サポートや翻訳業務等も経験。
2023年3月からはPRODUCTION Division AssociateとしてB向けの事業開発に関するコンサルティング支援を提供している。

フェムテック企業データベースの蓄積にも携わり、今まで蓄積してきたフェムテック商品・企業の知識を活かした支援を行う。

Yasuaki Sakina

Business Development Division

ソフトバンク、マイクロソフト、SAPジャパンなどで、自社向けに新規事業の戦略立案、マーケティング戦略立案・推進、アライアンス戦略立案・推進、システム開発PMを実施し、また、これらの経験を生かして、コンサル会社で各種コンサルティング統括を大手企業を中心に担当してきました。さらに、コンサル会社の副社長として、自社の営業、財務、人事、総務などの総責任者として事業立案・推進を担当したこともあります。現在は、これらの幅広い経験を生かして、スタートアップ7社の事業推進支援を事業計画立案・マーケティング戦略立案・アライアンス戦略立案/営業展開・製品開発PMを中心として展開しています。

Yuki Bikai

Business Development Division Assistant

神奈川県出身。動物看護士の資格を取得後、動物病院勤務を経て人材系企業にて内勤営業、営業アシスタント業務に従事。内勤リーダーとして新人教育や研修制度をマニュアル化。第一子出産のため退職後、出産後は人材派遣会社にて人事、営業サポートを担当。第二子出産のため退職。出産を機に自分のPMSの変化に悩んでいたこともあり、fermataに興味を持ち2022.11月より参画。

Yoshie Takao

Culture Division Associate Director

山口県出身。京都大学卒。外資系消費財メーカーにて、需要予測や新規事業立ち上げを経験。その後外資系シェアオフィスに転職し、コミュニティマネージャーとして拠点運営に携わり、第一子出産後、国内全拠点の顧客体験及びエンゲージメント向上の戦略立案を担う。2023年1月よりfermataに参画。娘の未来の選択肢を作る事業に携われることに、喜びを感じます。

Wakana Umetsu

Culture Division Associate Director

北海道出身。大学卒業後、化粧品メーカーで16年勤務。企画、研究開発、原料調達、製造、店舗運営、販売を一貫して行うブランドの立ち上げから、ものづくり及びブランディングの全てを経験。自身の健康課題を解決するフェムテックに興味を持ち、市場を切り拓くfermataに出会う。
特にブランドを育ててきた経験から、fermataではブランディングやコミュニティの育成に力を入れる。

Haruka Yamamoto

Culture Division Manager

愛知県出身、東京造形大学卒。大学ではメディアデザインについて学び、地域活性イベントの企画・運営などを行う。アルバイト先の飲食店ではメニューデザインなどに積極的に取り組む。友人がピルの研究をしていたことがきっかけでfemtechに興味を持つ。2020年5月からfermataに参画。主にMarketing Coordinatorを担当。

Miki Kurebayashi

Culture Division Logistics Manager

大学卒業後、約15年物流会社・商社等でロジスティクス業務に従事。一方で、セルフケアの重要性を感じたことからボティワークに興味を持ち学び続けている。現在はリラクゼーションサロンのセラピストとして活動しながら、2023年3月よりfermataに参画し、ロジスティクス業務を担当している。

Moe Okuno

Culture Division Manager

神奈川県出身。ビジネスを通じた社会課題の解決を目指し、新卒で衛生用品メーカーへ入社しMRとして勤務。その後自身が生理や妊孕性の問題に直面したことをきっかけに、女性のキャリアプラン形成の難しさや周囲にも女性特有の悩みを抱える人が多くいることを知り、2021年9月よりfermataへ参画。関西エリアの店舗運営と企画営業を担当。

Chihiro Kamiyama

Culture Division Associate Manager

千葉県出身、大学では経営学を専攻。在学中、若者コンサルのスタートアップでキャリアイベントの運営に携わる。生理、セクシャルウェルネス、メンタルヘルスなど、健康に関わる分野の開拓とD2Cに興味を持ち、2020年7月よりfermataに参画。 Marketing Coordinatorとして主にC向け事業を担当。

Momoka Ito

Culture Division Assistant

専門学校卒業。学生の頃から生理不順で、婦人科に通いながらも月経の来ない不安と同時に月経が来る度に「月経=めんどくさいもの」だと思っていた。フェルマータと出会い、働いていくうちにフェムテックアイテムの良さを知っていき、自分の月経とも向き合うようになり、他の人にもその良さを伝えたいと思うようになった。2022年3月より心斎橋Welpaの店頭スタッフとして勤務。

Akiko Iwasaki

Corporate Division Associate Director

東京都出身。大学卒業後、アパレル会社、人材紹介企業、IT関連企業で経理を中心に管理部門を広く担当。子供たちが楽しく過ごすことができる世の中にしたいと思い、fermataのビジョンに共感し、2023年5月より参画。

Akiko Kikuchihara

Corporate Division Manager

神奈川県出身。新卒で半導体商社へ入社。秘書、営業サポート、社内の仕組みづくりなどを経験。出産、子育てを経て、現Mistletoe Japan合同会社へジョイン。バックオフィス、コミュニティサポートに従事。人と人との関係性や、コミュニケーションの重要性に気づき道を見い出す。2018年独立。主にスタートアップなどへ様々な角度からサポートを行っている。2021年2月からfermataに参画。主にバックオフィス業務を担当。今後の事業拡大を見据えたお手伝いをさせていただければと思います。

Shu Tsumura

Corporate Division Manager

東京都出身。新卒で女性用のギフト雑貨店で副店長として勤めていたが、理系大学出身であることから医療機器企業の薬事担当として転職し、クラスⅢの機器の承認申請等を行いながら並行してヘルスケア・化粧品などの商品企画開発を経験。ヘルスケアについてサーベイする中でフェムテックという市場に出会い、国外での市場の広がりとその考え方に感銘を受け、2023年1月よりfermataに入社。国内でのフェムテック市場の中でも抜きに出た薬事体制を目指しています。

Mami Omotezako

Corporate Division Manager

学部・修士にて生物科学を専攻。メーカー企業にて研究開発職として女性特有の身体的な悩みに関する基礎調査や製品開発を行う。その中で女性が自分自身で対処できる方法が少ないことに改めて気づき選択肢を広げる必要性を強く感じる。またその裏には法律上の整備がなされていないことも知る。fermataのビジョンに共感し2022年5月より参画。

Naoko Murakami

Corporate Division Assistant

薬学部を卒業後、外資系製薬企業にて医療情報担当者(MR)として勤務。その後、調剤薬局で薬剤師として働くなか女性が自身の健康について知る機会が少ないことに気づく。自身が生理や妊孕性の問題に直面したこともありフェムテックに興味を持ち2022年2月よりfermataに参画。すべての人が生きやすい世界を目指して、その一助となる製品や情報をお届けできたらと思います。

Yuri Matsumoto

Corporate Division Manager

神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、新卒でエンターテイメント企業のマーケティング部に配属。マーケティングおよびPRの戦略立案から実行までを担う。「すべての人が生きやすい社会を」というfermataのビジョンに共感し、2021年7月よりfermata参画。

Francesca Geary

fermata Singapore Office Country Director

シンガポールで生まれ、世界各国で暮らしたのち、2015年にシンガポールに戻る。消費財(F&B、アルコール、スキンケア、電器など)からエンターテイメントサービスまで、幅広い分野で広報およびソーシャルメディアを担当する。

フェムテック業界は個人的にも大変興味があり、生理を中心に、身近な人々のWellbeing を高めるサポートをしてきた。2021年に、fermata に参加、フェムテック分野にスポットライトを当てる活動をしたいと考えている。コミュニティでは、フェムテックを通し、どんなライフステージにいる女性もエンパワーし、サポートしていきたい。

Zoé Neron-Bancel

fermata Singapore Office Operations Director